MENU

ウィッチウォッチ打ち切り理由がやばい?作者死亡説はホント?

【広告】当ページのリンクには広告が含まれています。
打ち切り理由がやばい?作者死亡説はホント?
  • ウィッチウォッチって打ち切りなっているの?
  • しかも理由が作者死亡説ってどういうこと?

鬼の力を有した乙木守仁と幼馴染で魔女である若月ニコとのハチャメチャ同居生活を描いたマジカルコメディ漫画「WITCH WATCH(ウィッチウォッチ)」。

センスのあるギャグから、共感できるギャクまで、まさにギャグ漫画の頂点に君臨しているウィッチウォッチですが、なんと打ち切りの噂が!

更には作者死亡という不穏なワードまでネット上で飛び交いましたね。

そこで今回は「ウィッチウォッチ打ち切り理由がやばい?作者死亡説はホント?』について解説していきます。

目次

ウィッチウォッチ打ち切り理由がやばい?作者死亡説の真相

結論からお伝えすると、

ウィッチウォッチは打ち切りとなっておらず、作者である篠原健太先生も死亡しておりません。

まずはほっと一安心ですよね。ですがなぜこのようなネガティブな噂が流れてしまったのでしょうか。

原因を3つ紹介していきます。

噂の理由①バトル編の評判が良くなかった

ウィッチウォッチはギャグ率が高いものの、本来の設定は鬼の力を有した乙木守仁が魔法を悪用する魔女を黒魔女(ウォーロック)から若月ニコを守るというもの。

更には天狗や吸血鬼など、多くの妖怪の血を引く人物が登場します。

そのため急にバトルシーンが登場することも多く、その際は普段のギャグ感が全くの0になります。

コメディを求めウィッチウォッチを読んでいる読者からすると、シリアスなバトルは「面白くない」「求めていない」などの声が多く聞こえてしまったみたいです!

特に乙木守仁と風祭監志のシリアスバトルは賛否両論が大きく分かれてしまい、その影響もあってか掲載順が最低で18番目だったことから打ち切りの噂が流れてしまったようです。

噂の理由②同時期に新連載された作品が打ち切りになったから

ウィッチウォッチは2021年新連載第一弾とされる作品の一つとして連載が開始され、他にも同期として「逃げ上手の若君」「アイテルシー」「クーロンズ・ボール・パレード」が連載を開始しました。

しかし残念なことに「アイテルシー」「クーロンズ・ボール・パレード」の2作品は20話ほどで打ち切りとなり、連載終了に。

この不運な動きに、ウィッチウォッチの読者は、「次はウィッチウォッチも打ち切りに!?」などと心配したことが、噂の原因となってしまったようです。

私も大好きな作品なので、この噂を耳にしたときは、Twitterやネットで情報を調べましたが、今のところ大人気のようなので、連載が続くことは間違いないでしょう!

噂の理由③打ち切りの噂が流れたから】

作者である篠原健太先生の死亡説は根も葉もない噂であることは確かですが、恐らく打ち切り=死亡フラグ的な感じでネットで呟かれた可能性が高いと考えられます。

ですが、漫画家の先生方は毎月納期に追われ、しかも頭をフル回転させて読者の期待に答えるような作品を考えています。

そのため体調不良もあり得るでしょう。

ウィッチウォッチ連載もファンにとって大切ですが、生みの親である篠原健太先生のことも大切に思っているので、健康面には気を付けて活動を続けてほしいですね。

ウィッチウォッチ打ち切りについてSNSの声を調査

SNSの声を調査すると「打ち切りはやめて」「こんな面白いのにありえない」「全巻揃えようと思っているほどハマる」といった高評価の意見が多数ありました。

休載が続いたり何かマイナスな原因があると打ち切りなのでは?と予想されますが実際はその可能性は無さそうですね。

まとめ

今回は「ウィッチウォッチ打ち切り理由がやばい?作者死亡説はホント?』について解説していきました。

アニメ化も期待される中での打ち切りや作者死亡の噂に、ドキドキした読者も多いのではないでしょうか。

ですが今回調べた結果、打ち切りも作者死亡説も噂だということが判明したので、これからも連載を楽しみに、そしてアニメ化も願いながらウィッチウォッチを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次