成瀬は天下を取りにいくは実話?作者の思いと話のあらすじを紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
成瀬は天下を取りにいくは実話?作者の思いと感動のあらすじを紹介!

スポンサーリンク

男の子

成瀬は天下を取りにいくは実話って本当?

女の子

作者の想いも知りたい!

『成瀬は天下を取りにいく』は実話なのか気になったので調べてみました。

結論を言いますと、実話ではありません。

しかし、実話と間違えるほどのリアルな描写に心が惹かれますよね。

そこで『成瀬が天下を取りにいく』が、実話に間違えられる理由を考察してみました。

他にも、作者の思いや話のあらすじについても紹介していきますね!

この記事で分かること!
  • 『成瀬は天下を取りにいく』は実話でえはない
  • 作者の思いと作品の背景
  • 話のあらすじ
この記事の結論を知りたい方へ

『成瀬は天下を取りに行く』は実話ではありませんが、舞台は滋賀県大津市です。

成瀬は天下を取りにいく

作者の思いが詰まったこの本は、リアルな街並みも描かれており、とにかく地元愛に溢れている作品でもあります。

本屋大賞に選ばれた『成瀬は天下を取りにいく』は、初回70%OFF なので、ぜひ読んでみて下さい!

\ 今だけ新規500円OFF /
1,705円1,205円(税込)

目次

スポンサーリンク

成瀬は天下を取りにいくが実話と間違えられる理由

『成瀬は天下を取りにいく』が実話と間違えられるのには上記のような理由があります。

上記の要素が小説にリアリティーさを与え、実話のように感じさせているのです。

実話のように感じる設定

  • 成瀬あかりのキャラクター
  • 日常生活の描写
  • リアルな対話シーン

『成瀬は天下を取りにいく』は、実話のように感じる設定が特徴です。

例えば、成瀬あかりは現代の日本で普通に生活する中学生として描かれています。そして彼女には島崎という友達もいます。

このように実際にいそうなリアル中学生として描かれているのです。

とはいえ、主人公の「成瀬あかり」の魅力として、奇想天外な発想や突拍子もない発言で周囲を驚かせているというのがあります。

実話のように感じる設定はあっても成瀬あかりというキャラクターの魅力の方が目立ちすぎて、現実離れしている要素の方が多くあるのが特徴です。

大津市のリアルな描写

  • 西武大津店
  • びわ湖の観光船ミシガン
  • 膳所高校

大津市のリアルな描写も『成瀬は天下を取りにいく』が実話と感じられる理由の一つです。

物語の舞台となる大津市は、もちろん実在する場所です。

特に、西武大津店は物語の中で重要な役割を果たしています。

地元の人々にとって馴染みのある場所が舞台となっているため、物語に親近感を持つことができます。

実在の場所や出来事

  • コロナ禍の生活
  • 地域のイベント
  • 地元のニュース

『成瀬は天下を取りにいく』は、実在の場所や出来事をたくみに取り入れています。

これにより、物語が非常にリアルに感じられるのです。

例えば、コロナ禍での生活や地域のイベントが具体的に描かれています。

成瀬あかりが毎日テレビに映るために百貨店に通うシーンも、実際にあり得る話として描かれています。(私は無理ですが)

このような具体的で現実的な描写が、物語をより一層リアルに感じさせてくれるのです。

次に、『成瀬は天下を取りにいく』を書いた作者の想いについて見ていきます。

スポンサーリンク

実話っぽい『成瀬は天下を取りにいく』を書いた作者の想い

『成瀬は天下を取りにいく』には宮島未奈さんの想いが込められています。

彼女の作家としての背景や、地元への愛が大きく影響しているほどです。

宮島未奈さんの作家としての背景

  • 30代半ばから小説の新人賞に応募
  • 3年前に短編が文学賞を受賞
  • 去年3月にデビュー

宮島未奈さんは静岡県富士市出身です。

京都大学を卒業後、地元の静岡で就職し、結婚を機に大津市に移り住みました。

30代半ばから小説の新人賞などに応募し始め短編が文学賞を受賞し、2023年3月に「成瀬は天下を取りにいく」が書籍化されてデビューしました。

このような経歴から、彼女の小説には豊富な経験と深い洞察が感じられます。

作者が描いた成瀬の魅力

成瀬あかりのキャラクターには、作者の深い思いが込められています。

  • 自己主張が強いが
  • 自分の目標に真っ直ぐで
  • 他人を思いやる心

彼女は自己主張が強く、自分の目標に向かって真っ直ぐ進む姿が描かれています。

しかし、その一方で他人を思いやる心も持ち合わせています。

成瀬あかりの行動や言動は、多くの読者に勇気と元気を与えます。

このようなキャラクター設定が、読者に深い感動を与えてくれるのです。

地元への愛と影響

  • 地元の観光スポット
  • 地域のイベント
  • 地元の人々との交流

宮島未奈さんの地元への愛が『成瀬は天下を取りにいく』に深く影響しているのです

例えば、びわ湖の観光船ミシガンや膳所高校など、地元の具体的な場所が登場します。

また、地元のイベントや人々との交流も詳細に描かれています。

これにより、物語に地域色が強く感じられ、地元の読者には特に親近感を抱かせます。

宮島未奈さんの地元への愛が、物語をより豊かでリアルなものにしているのです。

>>『成瀬は天下を取りにいく』を無料お試しで少し読んでみる

スポンサーリンク

成瀬は天下を取りにいくあらすじ紹介

ネタバレ含むので、まだ読んでいない人は飛ばしましょう!

「成瀬は天下を取りにいく」のあらすじを紹介します。

この物語は、成瀬あかりが自分の目標に向かって奮闘する姿を描いています。

毎日百貨店に通いテレビに映る

成瀬あかりは、毎日西武大津店に通い、テレビに映ることを目標にします。

彼女のこの行動は、物語の中で大きな意味を持つのです。

たとえば、下記のような行動は彼女の強い意志と目標に向かって努力する姿勢を象徴しています。

  • 毎日欠かさず通う
  • テレビに映るための工夫
  • 地元の人々との交流

このエピソードは、成瀬あかりのキャラクターを深く理解するための重要な部分です。

M-1に出場する

  • 漫才の練習
  • パートナーとの協力
  • 大会への準備

成瀬あかりは、M-1に出場することも目指します。

成瀬はパートナーである島崎との協力を大切にしながら準備を進めて、大会への準備も入念に行ったのです。

このM-1への挑戦を通じて、成瀬あかりの決断力と行動力が描かれています。

成瀬のこの挑戦は、読者に勇気と感動を与えましたね。

坊主にする

  • 髪がどのくらいのスピードで伸びるのか
  • 身をもって行動
  • 周囲の反応

成瀬あかりは、髪の毛の伸びる速さを調べるために坊主にします。

このエピソードは、成瀬あかりのユニークな個性と行動力を象徴しています。

彼女の行動は、読者に笑いと感動をもたらしてくれました。

実際にやる人はいないですよね?これが成瀬あかりなのです。

スポンサーリンク

本屋大賞作品「成瀬は天下を取りにいく」には続編がある

本屋大賞に選ばれた「成瀬は天下を取りにいく」には『成瀬は信じた道をいく』という続編があります。

「成瀬は天下を取りにいく」を読んだ多くの人は、その後すぐに続編の『成瀬は信じた道をいく』を購入する傾向が高いです。

なので、成瀬あかりの魅力に取りつかれ過ぎて、私生活に影響をきたさないように注意しましょう!

\ 今だけ新規500円OFF /

1,760円1,260円(税込)

成瀬は天下を取りにいくは実話でないがリアルでもある!まとめ

  • 『成瀬は天下を取りにいく』は実話ではない
  • リアルな描写で実話と間違えられやすい
  • 成瀬あかりのキャラクターが読者に感動を与える
  • 大津市の具体的な描写が特徴
  • 宮島未奈さんが作者である
  • 宮島未奈さんの地元への愛が反映されている
  • 続編『成瀬は信じた道をいく』がある
  • 実在の場所や出来事を取り入れている
  • 本屋大賞作品として評価されている

『成瀬は天下を取りにいく』は、リアルな描写で実話と間違えるほどの作品です。

作者の宮島未奈さんの地元愛も反映されています。

続編『成瀬は信じた道をいく』もあるので、気になる方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク

シェア頂けると嬉しいです!
目次